2008年09月02日

もう少しお休み

081608BeachWalk.jpg
波打ち際を歩いたのは、数年ぶり。。。 
ブログ、もう少し、お休み。  
posted by MB Princess at 15:03| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

DSLと電話、復旧

うちのDSLが、事前のお知らせも一切なく、いきなり止まったのが5月にはいったある日。

V社に電話すると、地球の裏側まで数人にたらいまわしにされること小一時間、「新しい契約をする必要があり、ボックスも機種が古いので新しいのに交換する必要があります。それにはX日間お待ちください。」といわれ、、、。 

で、原因は、カードのExpiration Dateが今年の4月だったので、以後、請求不能になったんじゃないですか、ですってよ。 怪しいわ〜? あ、カードは、更新されてますよ、もちろん。 

それが本当だとしても、Exp Dateが迫ってきたら、普通は確認・訂正を要求して手紙やメールを送ってみるとか、これが日本の会社だったら紙の請求書(振込用紙とか)を送ってみるとかしそうなものですが、V社、そういうことはしないそうです。 コールセンターエージェントでさえも、「おかしいな話ですよねー。実は、私はV社で働いてはいますが、プライベートで使ってないんですよ。」と。    

どうせ新契約にするなら、ちょうどいいからファイバーに変えたいと申し出たところ、再びたらいまわしにされたあげく、「お宅の地域にはファイバーが普及していないので、あなたは契約できません」と。 

まあいいや、と思ってDSL契約・復旧をまっていると、ほどなくして電話もとまり、ネットも電話も無しの身に。

携帯電話のミニッツを食いつぶしながら(ランドライン止まってますからねー)またもや、たらいまわしの後、「家の中の線が切れているのでしょう。修理プランに入られてませんので、一時間につきXXドルいただきます。X日お待ちいただきます。」と言われ。 

いくらなんでもそれはぜったい違うという確信をもちつつも、当日は、夫が自宅勤務に変更して、修理の人が来るのを虎視眈々と待つことに。 8時から12時の間だったかしら。  

思ったとおり、線には異常がなく、修理の人が本部に電話して「この家につながるスイッチ切れてるでしょう?入れてください。」の一言で、20分であっさり復旧。 しかも、本当はファイバーが良かったんだけどみたいなことを言ったら、修理の人「ん? あそこにあるよ、ファイバー」と。 

電話がとまった原因を個人的に調べてみたところ、どうも、DSLをつなぐためには、いったん電話(ランドライン)を止めなくてはいけないらしいんですよ。 想像するに、V社のDSL部署が、電話部署にうちの電話をとめさせたんでしょうね、DSLを引くために。で、DSLをつなげる作業が終わったあとで、電話を復旧させる連絡をしなかったんじゃないかな、と。 DSLは、電話のラインに乗っかってくるものなので、電話がとまっていれば、DSLも使えない、と、おそらくそんなところでしょう。 

普段は別に何の問題もないんだけど、ちょっと何かあると、処理・対応の連携プレーがとっても不得手。右手のすることを左手がわかってない、という、電話会社にありがちなシチュエーションなのでした。ちゃんちゃん。

posted by MB Princess at 10:28| ロサンゼルス ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 一般 General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

Verixxn Fiasco

お知らせ: 
信じられないことがあたりまえにおきるアメリカ。 5月にはいってから、「そんなわけないだろ。もっとマシなウソつけないのか。」と言われそうなぐらい信じがたい理由により、自宅のDSLも電話も、とまったままです。 もちろん、電話代の払い忘れはありません。 復旧は今週半ばということになっていますが、さて、本当に復旧するのか!? 別の意味で楽しみです。  
posted by MB Princess at 08:27| ロサンゼルス ☀ | TrackBack(0) | 一般 General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

近況

ゆっくりブログをする時間が作れないままでいます。
とりあえず、備忘録。 

11月
Toolのコンサート(LAに新しくできたNokia Theater)
日本料理の「Urasawa」で食事(結婚記念日月間の一環) 

12月
年末の帰国
東京:
「水谷」「アンリシャルパンティエ」「月豆」「すし大」「みちば」
日光:
「金谷ホテル」「清晃苑」 
休暇中に仕事

 
1
友人宅にてパーティ等
夫、メルボルンへ出張 
仕事、奔走状態 

2月
夫、帰国
マンモス(キャニオンとイーグルロッジでスノボ、夜にパーティ)
ついにDyson掃除機を購入
仕事、月月火水木金金? 

3

友人宅にてパーティ等
新しくできた地元のレストラン「Twelve&Highland」レイクタホ(ノーススターでスノボ、3夜連続でパーティ)
仕事、葛藤あり(天の声?) 

4
月 
犬用バリカン購入、自宅で初めてのグルーミング予定
ミーアキャット保護機関を訪問予定
スパに行って充電、今後の仕事について考える予定
posted by MB Princess at 03:49| ロサンゼルス ☀ | TrackBack(0) | 一般 General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

このブログについて

11月末から、毎日毎日、さっき朝かと思ったらもう夜で、日記をつけたい気持ちだけが先走りし、とりあえずのところ、料理ブログの方だけ、ちらほら更新している状況がつづいております。

こんなブログでも訪問してくださっている方々、たいへん感謝しております。ブログをはじめたひとつの理由に、私がブログに日記を書くことににより、日本にいる両親が、体力がなくてもできるような趣味(インターネット)をはじめ、日本・アメリカ間の気持ち的距離を縮めるという理想像を描いた、ということがありました。ところが、途中で、それは、例えば両親のすぐ近くにネットを使う血縁がいるなどの好条件が整わない限りは、簡単に実現可能でないと判断し、それならばブログもあまり意味がないのかもしれないと思ったことがありました。

迷っていたときに、他のブログに、父や母と同じ年代(両親よりも年上の方も)の方を発見したり、読んでくださる方々、コメントを下さる方々がいらっしゃることがはげみになり、気を取り直して続けることにしました。 だから、今、このブログが、存在しているのは、そういった方々のおかげともいえるのです。   

私をお仲間に入れてくださっているブログ主さんの方々、年明けのご挨拶・訪問さえもせず失礼なうえ、ご心配もおかけして申し訳ありません。もうしばらくしたら、うかがえる余裕ができる見通しです。

こちらの更新は、あと一ヶ月程度先を予定しております。そのときは、またよろしくお願いします。メモ  
posted by MB Princess at 05:53| ロサンゼルス ☀| 一般 General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

おやすみ


ちょっと、お休みします。

posted by MB Princess at 00:00| ロサンゼルス ☀| 一般 General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

サンクスギビング日記

サンクスギビングのこの週は、遠出はせず、久しぶりにずっと二人+犬で過ごしました。ご近所さんは、帰省してしまった家が多く、ひっそりとしていましたが、街中を車で走ってみると、他州のナンバープレートをつけた車がいつになく多くみかけられました。お天気もよく、とてものどかな週末。 

一方、夫の実家、
LAから飛行機で5時間ぐらい離れているんですけど、そちらでは、恒例のサンクスギビングディナーの集まりがあり、たくさんの人が集まったようす。 電話でかわるがわる「ハッピーサンクスギビング!」と言い合い、近況報告をしました。 行けたらよかったんですけどね〜、
スケジュール調整が。。。。。

サンクスギビング(木曜)という日は、家族が集まってご馳走を家で食べる習慣があるのですが、夫の実家の場合は、木曜は夫の姉3人がそれぞれの旦那さんの実家に行くことになっているので、集まりは木曜ではなく「土曜日」と決まっているのです。 
 

私たちも日曜を移動日にするか月曜にお休みをとるなどすれば、参加できそうではあったのですが、まず、夫がプロジェクトの都合で、今日(日曜)の朝に仕事に戻らなくてはいけなくなったこと、そして、うちは年末に日本へ行くのでお留守番続きになったら犬がかわいそうだったこと(病気が治ったばかりだし)さらに私も、この週末に仕事上の調べ物をする予定があったことで、またの機会に。 
 いつもこの時期、おたがいにLAが地元だったらよかったのにな〜、なんて思います。  

で、木曜は家でディナーを作りました。 今年はターキーの丸焼きのかわりに、ターキーロールのローストを中心に、カロリーやファットを普通よりすこし控えたサンクスギビングディナーに。 ディナーのはじめには、少し前に材料をとりよせ、小学生のようにワクワクして目を丸くしながら理科実験気分でつくったマンゴーの人工イクラ風も。 

金曜は、ハリウッドの映画館に、デジタル3
Dバージョンの「ベオウルフ」を観に行きました。 実は、ファンタジー系は普段は好んでみることがない私ですが、イギリス文学最古の叙事詩「ベオウルフ」を元にしたこの映画は、公開前から楽しみにしていたものでした。ストーリーは単純ですが、映像が一見の価値あり! 3Dで観たからかもしれないですが、すごく美しかったです。ベイオウルフ役の役者さん、The Departedという映画にでてくるMr.French役の役者さんですが、グラフィックで若く修正。 他の登場人物も、どこがグラフィックで、どこがリアルなのか、区別するのが非常に難しかったです。
 

そして、土曜は、我が家のイベント月間のハイライト、ビバリーヒルズのロデオドライブにある日本料理「浦澤 (Urasawa)」での食事。 この食事については、また後日。 
 

そして、日曜。 夫を見送り、さあ、今日は、これからお掃除。
posted by MB Princess at 06:51| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちで At Home | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

縁の下には

うちの犬、家のそばを何かが通り過ぎるたびに吼えるんです。最近、だいたいきまった時間に裏口にむかって吼えるようになったので、きっと隣家のお猫サマが通るんだろうって思っていたのですけれど。。。。  

 

今朝、家の裏口のガラス戸の向こう側に、巨大な猫が通り過ぎたような影がみえたので、すぐ外にでてみると、そいつはウチの外壁の通気口から縁の下へとゆっくりと消えていくところ。  、、、ってことは、住んじゃってる!?  

 

そして、正体は、近所のデブ猫(あ、失礼、デブお猫サマ)ではありませんでした。 長いベージュ色をした尻尾は、まるで皮を削いだゴボウ。お願いですから、毛のない尻尾は勘弁してくださいっ。  

 

急いで、今週お休みをとっている夫を外に呼んでみました。 

 

どうやらオポッサム(発音は「ぅポッサム」に近い)という生き物らしい。北米に住む、唯一の有袋類。そばで見たのははじめて。脳裏には、英語のPlay possum (タヌキ寝入りする)という言い回しが。。。。

 

調べると、オポッサムは威嚇されると文字通り、死んだふりをするそう、しかも筋金入りに上手な生き物なんだそう。(タヌキじゃなかったのね。) 死んだふりしたところを捕獲して、山の中とかに放してやったらどうかしら、ちょっとやってみたいかも、と思いながら、さらに調べると、「死臭を発することができる」とあった。 そりゃ、たまらん。 

 

オポッサムは、2−3日周期でたえず棲家をかえる生き物らしいのですが、あの生き物が猫のふりしてるのは、過去2、3日どころの騒ぎじゃないような気がする。 また調べると、母オポッサムは、定住しがち、と。 

 

ちょっとちょっとお、縁の下で一家団欒されても困るのよ。 どちらにしろ、破れた縁の下の金網は張替えるんですけど、それには、住人の留守中をみはからわないと。。。。 

posted by MB Princess at 06:37| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちで At Home | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

イベント月間

この週末は、ラスベガスで過ごしました。(現在、これを書きながら洗濯中)  近所の友達2人、夫、そして私は、それぞれ別の場所からラスベガスへ向かい、ホテルで合流。本当は、夫の英国人の友達と、そのまた友達のグループが、ニューカッスルからはるばる来るはずで、ラスベガスで会うのをとても楽しみにして予定をたてたのですけど、事情があって、急にこれなくなってしまって、ちょっと残念。     

今回は、ずっと観たかった、
Cirque du Soleilの「Oと、かねてから気になっていたBodies The Exhibitionを観てきました。 その間に、Four Seasons HotelTheSpaでマッサージとボディケアも。
 

Bodies The Exhibition
は、人体(解剖学系)の展示。 展示してあるのは、すべて本物の人体の標本だと聞いていたので、見るのは勇気がいるんじゃないかと最初は思っていたのですが、見てみると、特別な方法で保存されているせいか、ショッキングな類ではなく、むしろ、お医者さんのオフィスにあるプラスチックの模型のようだったり、粘土や糸や綿で形づくって染めたようだったりと、非常に人工的な質感。(胎児の展示セクション除く)
 

展示は、骨と筋肉、神経、心肺、消化などの機能ごとに仕切ってあり、一時間半から二時間ぐらいかかるボリューム。 健康な肺と、喫煙者の肺(本当に真っ黒)なんかも展示してあり、その横においた透明のゴミ用ポストには、たくさんのタバコの箱が捨てられてありましたよ。  
 

この展示を見て、人間って、本当によくできてるって、思いました。私たち全員がみんなひとりひとつ所有して、毎日使っているにもかかわらず、なかなか見れないのが体の中身。 今回、実際に標本を目のあたりにして、ストレートに感心するとともに、与えられた人体一式を責任もってメンテしていくことが必要だと思いました。
 

Cirque du Soleil
の「O」。 ず〜っと、観たいと思ってたのですが、見たことがなかったのです。 すごいですね、あの舞台装置。 舞台がプールになっていて、ずっとシンクロナイズドスイミングかと思いきや、床がせりあがってきたり。芸風というかイメージは、Cirque du Soleilに共通する、昔のパルコのコマーシャル(覚えてます?というか、ご存知?)というか、ダリの絵画というか、アートが高度すぎて、よくわからないんですけど、不思議な感動! すでに見た方は多いと思いますが、見てない方はぜひ。
 

The
 Spa(フォーシーズンズホテル内)では、80分のカップルマッサージ(同室で夫と並んでマッサージ)のあと、別々の部屋で、夫は初めてのメンズフェイシャル、私は、ボディケアを。 これは、スパへ行きたいけれど、予定があわなくて、延期していたところ、夫からのサプライズプレゼントでした。

本当は、夫は私には4レイヤーフェイシャルという究極のフェイシャルエステを予約してくれていたらしいのですが、エステティシャンの手違いで、私はフレンチポリッシュというボディスキンケアのサービスをうけてしまいました。 フォーシーズンズでも間違うことってあるんですね。 

ともあれ、ボディケアは、フィトメールの製品を贅沢に使い全身をスクラブされたり(局部はタオルで隠してくれるので、恥ずかしくはないです)パックされたり、途中二度シャワーするように指示されながら、80分。マリーアントワネットにでもなったかのような扱いをされながら、すべすべに。(笑)

 
本日、日曜。 明日は、ベテランズデイかなにかで休日なんですが、夫も私も明日は通常どおりの仕事の日なため、夫は東方面の仕事先へ、私は家路へつきました。 帰ってきて、洗濯の合間に、犬と、まったりしながらフードチャネルでIron Chefをみてます。  
posted by MB Princess at 11:38| ロサンゼルス 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般 General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

お洒落なシーフードレストラン

11月になりましたね。 

今月はサンクスギビングがあったり、結婚記念日があったり、近所の友達と週末旅行をすることになっていたり、イベント目白押しです。
 

イベント月の皮切りは、早めの結婚記念日の食事を
Providenceで。 
LAで、最近よく話題にのぼる、特別な日に行きたい、お洒落でロマンチックなシーフードレストランです。

シーフードがメインだけあって、内装は、海の底のようなイメージ。 雰囲気から、スノッブ(良く言えばエレガント)な接客が容易に予想できたのですが、ここは、スタッフの人数が多く、お客が主役のフレンドリーで決め細やかなサービス。 テイスティングコースをとり、「お料理の写真をとろうと思うんだけど。」とスタッフに断りをいれると、お皿の向きなどにトクに気をつかってくれたりも。(せっかく気をつかってもらったのに、写真テクニックがおいついていないのが、非常に申し訳ない。。。)
 

ドレスコードはビジネスカジュアルということもあり、見渡すと、男性ならネクタイ無し+ジャケットとか、女性ならシンプルなワンピースとか。 特別な日の人が多いのか、あちこちで記念撮影していて、和やかです。 
 

肝心のお料理。 モルキュラー・ガストロノミー(サイエンス)をとりいれた手法も。 そういう意味では、料理がアートの域を超え、もはやエンターテイメント。カリフォルニアでは、スターシェフや、有名レストランは、最近は北のほう(サンフランシスコとか、ワイン産地方面)に集中してしまっているので、LAでは、実はこのようにトレンドを勉強できるレストランは少ないのですよ。
 

アミューズブーシュ3種
110307amuse1martinijello.jpg
「マティーニのゼリー」ライムをしぼります。 (ほとんど凍っていました)

110307amuse2mojitosphire.jpg
「モヒート」プルプルしたドロップ。口のなかでつぶれてモヒートの液体が口の中にひろがります。今、世界のレストランの頂点といわれているスペインのEl Bulliというレストランが広めた、スフィアリフィケーションという、液体をごく薄い膜で包む手法で、実は人工イクラの応用。

110307amuse3watermelonsoup.jpg
「すいかのスープ」まず串刺しのオリーブとメロンを口にふくんで噛み、一気にスープをのみこみます。これは、私はあまり。

テイスティングメニュー(5コース)

110307course1tunatartar.jpg
「ビッグアイツナのタルタル」わさびクレームフレシュと、ハートオブパームのワインピクルスと、ブリオッシュトーストと共に。これは、家庭で応用したい。わさびがきいていて、そして、ちょうど良く冷えていて美味。

110307course2scallop.jpg
「ホタテ」スクワッシュと、ポルチーニ添え。8の字の点々(Infinitiという意味かしら??)は、熟成バルサミコ。 ホタテに火がはいりすぎて、ちょっとゴムのようだったのが惜しい。

110307course3hallibut.jpg

「ハリバット」各種野菜と、紫マメ。かなり自己主張の強い一品。 すこしスパイシー。ベーコン系の強い後味がのこるソース。   


110307course4veal.jpg

「子牛肉」今回のコースは、シーフードづくしではなく、お肉も。とっても柔らかい子牛肉に、グレービーソース。緑はウォータークレスのソース。ここまでの間に、私は胃がぽっこりでるほどお腹いっぱいに。 


110307course5pearmisoicecream.jpg

「梨のコンポート」アーモンドプードルのスポンジが土台で、そえてあるのは、なんと、お味噌味のアイスクリーム。(う〜ん、これは微妙。)そして、ハックルベリーのソース。

以上は5コースメニューで、所要時間3時間ぐらい。 9コースや17コースもあるようです。 コースにはいっていない、おいしそうなお料理があるので、アラカルトメニューをとってもよかったかも。 たとえば、隣のテーブルの人が頼んでいたリゾットは、ブラックトリュフをその場で削りいれていましたよ。また、チャウダーはテーブルサイド形式で(皿の中にきれいに具がもりつけてあり、まずそれを目で楽しんでから、テーブルでスタッフがスープを注いでくれる)とても楽しそうでしたよ。 

posted by MB Princess at 06:22| ロサンゼルス 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ロサンジェルス LA Outing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。